Reading Time: < 1 minute
クライアントの要望

繊維混入技術の新たな活用機会・潜在的用途の探索を、製紙分野を対象として実施。 クライアントは、新たな研究開発機会の発見を目的として、本プロジェクトをSPAに依頼。

SPAの採用したアプローチと結果
  • 手始めに、製紙分野を対象として、繊維混入技術の活用に関する技術ランドスケープ分析を実施。
  • このランドスケープ分析の効率的促進を目的として、社内ITチームと連携、調査分析ツールを開発。

開発ツールの概要:

  • 自動スクリーニング、分類、およびマッピングを可能とするよう設計。
  • データの検索においては、クライアントが自由に検索基準を設定、変更、追加等が可能。

開発ツールの機能、本プロジェクトにおける活用内容:

  • 世界中の特許を調査対象とし、登録特許及び出願特許の両方を検索。
  • 検索された特許は、詳細な検討や分析を目的に同ツール上にアップロード。
  • データのスクリーニング及び分析には、概念及びキーワードに基づく基準を採用。
  • 上記の概念及びキーワードに基づく基準の作成は、個別技術ごとに最適化された機械学習技術を活用することで簡便化。
  • 上記機械学習ベースのキーワードは、同義語と文脈における同意語に基づいて生成。
  • このアプローチは、迅速かつ正確な結果を提供。

ツールがもたらした効果

  • 同ツールを活用し、当該技術分野における新たな技術動向、有望研究領域、主要な連携・提携など、有益な情報を洗出し。
  • 社内で独自開発された同ツールの活用の結果、分析にかかる作業時間を従来の40%以上短縮。
  • クライアントは、このプロジェクトから得られた情報を、将来の研究方針の明確化に活用。
プロジェクト期間
  • 1〜2週間(10,000特許)
プロジェクト費用
  • 高分子化学を専門とする2人のアナリストが担当
  • $5,000 – $7,000

To read this article please login and reload the page.