Case Studies
クライアント 技術開発及びライセンスを専門とする日本企業
クライアントの要望 画像技術に関する使用の証拠(Evidence of Use : EoU)の作成を要望。 市場に流通する製品を対象とした侵害事実の確認を目的とした調査を実施。 SPAは、侵害の可能性が想定される10~20の特許を抽出、それらとターゲット企業の製品との関連性をマッピング。
SPAの採用したアプローチと結果
  • 電気・電子を専門とする2名のアナリストが本件を担当。
  • 画像技術関連特許を対象とする調査を実施、洗い出された約2,000件の特許から本プロジェクトに関連する約800件の特許を抽出。
  • 抽出された特許の請求項を分析、侵害が疑われる製品の発見の可能性を基準として3つのカテゴリーに分類(Low, Medium, High)。
  • 次に、侵害が疑われる製品の探索を目的として、ウェブ、ユーチューブ、製品カタログ、オペレーションマニュアル、試作品、企業HP、等、広範な情報源を対象に詳細な調査を実施。
  • SPA独自の調査手法に基づき、800件の特許を10~20件に絞込み。最終的に、これら特許に開示されている技術的要素と洗い出された製品の特徴をマッピング。
プロジェクト期間 4 - 5 週間
プロジェクト費用
  • 電気・電子を専門とする2名のアナリストが担当
  • $20,000