ケーススタディ
クライアント モーションコントロール及びシステムを製造している精密機器会社。
クライアントの要望 クライアントチームは、間もなく期限切れとなる静的および動的密封装置に関する重要特許の期間を延長することを希望。 クライアントは、特許保護期間の延長を実現する手段を求めて、SPAチームに検討を依頼。
SPAの採用したアプローチと結果
  • 製薬業界の特許権利維持戦略において豊富な経験を持つスタッフを含む、2人のSPAのアナリストが本件を担当。
  • SPAのチームはクライアントが保有する特許技術に関連する特許検索を複数回実施。 特に、シールアセンブリに関する数件の特許に対して詳細な分析を実施。 製品の機能強化の可能性についても検討。 また、製品の変更とその利点についても確認。
  • 検討の結果洗い出された10種類のアイディアのそれぞれについて、利点や課題を分析。 最終的に提示された暫定的な請求項に対して、クライアント側の技術チーム及び法務チームが検討。
プロジェクト期間 3-4週間
プロジェクト費用
  • $10,000