Reading Time: < 1 minute
クライアントの要望

クライアントが指定する企業を対象とした新規技術開発や新製品、事業売却や事業戦略に関する調査およびモニタリング。

SPAの採用したアプローチと結果
  • 食品技術および業界に精通する2名のアナリストが本件を担当。
  • 調査対象となる同業他社の活動や技術のモニタリングを目的としたCompetitive Technology Intelligence(CTI: 競合情報分析)プログラムを計画。 本プログラムの中核は、ユーザーフレンドリーな諸機能を有し、世界中からアクセス可能なポータルの開発。 ポータルには、特許や技術文献、ビジネスニュース、新製品情報等、多岐に亘る情報が搭載され、それらを調整、収録することを可能とする編集可能な分類法を開発。
  • また、VCからの投資情報を含めた対象競合他社に関する様々な情報、当該技術分野におけるホワイトスペース(研究開発余地)、侵害リスクの低い領域、潜在的なパートナー等に関するクライアントの理解を支援するため、インテリジェントダッシュボード(インターフェース)も開発。
  • 対象となる情報は定期的に最新化、新たな情報は開発されたポータルにアップロード、同時にポータルのユーザー向けに予め要望されている情報を配信。
  • 競合他社の活動を継続的にモニタリングするポータルの導入は、クライアント企業における研究開発及び事業活動の一層の戦略化を促進。
プロジェクト期間
  • 5 ヶ月
プロジェクト費用
  • 食品技術に精通する2名のアナリストが本件を担当。
  • $40,000 – 45,000

To read this article please login and reload the page.