Reading Time: < 1 minute
クライアントの要望

患者や医療従事者が持つ課題や要望を、非特許情報を対象とする調査を通して特定。 調査の最終的目的は、これら課題や要望に応える新興技術の特定、並びに診断分野及び、特定の疾病の治療に関する技術動向の把握。

SPAの採用したアプローチと結果
  • まずは、病院及び患者が認識している課題及びニーズの特定を目的に非特許文献情報調査を実施。
  • 調査の過程では、臨床試験データに加え、症状、重症度分類、及び、薬剤、医療機器、人口統計面に関連するリスク予測等も考慮。
  • 多様な技術ドメイン(ソフトウェア/アルゴリズムの利用、機械学習、遠隔モニタリング、等)に亘り広く普及しているグローバルシナリオ及び、調査に要する時間を考慮、重要となる課題やニーズへの対応を目的とした潜在的な研究の方向性を予想。
  • 更に研究対象分野において既に存在するソリューションと新興しているソリューションの特定を目的とした特許及び非特許情報調査を実施。これらの調査から、主要な研究者、共同研究や連携、新興技術に関するトレンド、等の情報を確認。
プロジェクト期間
  • 4 ヶ月
プロジェクト費用
  • $25,000 – 35,000

To read this article please login and reload the page.