Case Studies
クライアント 米国を拠点とする触媒メーカー
クライアントの要望 石油化学プロセスでの反応装置に利用される触媒の選択損失を低減するために反応装置内の水の制御を利用している技術を開示している特許を対象とする先行技術調査。
SPAの採用したアプローチと結果
  • 豊富な調査経験を有する有機化学専門のアナリストが本件を担当。
  • 対象特許による引用文献、或いは審査過程で審査官が参照した文献に類似している文献を、特許データベース及び非特許情報サイトを対象に調査。
  • 対象分野における有力な出願者を対象とした調査では、有力な文献は特定されず。
  • 次に実施した当該石化分野で定評のある特定の大学を対象とした先行技術調査の結果、触媒の選択損失について記述、その現象が反応により生じる水が原因と推論する文献を発見。抽出された他の文献では、水がもたらす負の影響について論じているものが無く、最終的に当該文献のみをクライアントに報告。
  • 調査対象特許の自明性を立証、異議申し立てをする上で、当該文献は結果として大変重要なものとクライアントにより評価。
プロジェクト期間 2 週間
プロジェクト費用 $3,000