ケーススタディ
クライアント サウジアラビアに本社を置く石油天然ガス会社
クライアントの要望 クライアントが保有する特許ポートフォリオの調査、及び、競合他社のポートフォリオとの比較検討。  SPAは、クライアントと競合他社双方を対象とした技術ポートフォリオを作成、更に、幾つかのパラメータを基に、競合比較を実施。
SPAの採用したアプローチと結果
  • 3人の化学工学を専門とするアナリストが本プロジェクトを担当。 まず、クライアント企業及び関連子会社、合弁会社の保有する登録特許及び特許出願を検索、調査。
  • 対象特許を分類後、主要技術分野(上流、下流、貯蔵/輸送、制御システムなど)を特定。
  • 石油及びガス分野における当該企業の戦略的地位を評価する為に、「Porter‘s Five Forces model」を使用。
  • また、調査対象企業の現状を理解する為にSWOT分析を実施。
  • 更に、Growth-Share matrix に基づき、各企業の特許出願の動向・進化を把握。
  • 特許の独創性(特許の革新性)と一般性(特許の汎用性・応用可能性)の評価も実施。
  • また、経時的なテクノロジーの進歩の特定を目的に、テクノロジーサイクルタイム(TCT)を計算。
  • 対象企業が出願したすべての特許のランク付けには、自社開発専用ツールを活用。
  • 特許出願活動に関し、自社と主要な競合他社の比較検討を実施。
  • 小規模企業、大学、個人発明者が出願した類似特許に基づいて、さまざまな技術分野における将来の連携可能性を予測。
  • 上記のような様々な調査、分析に基づいて、クライアント企業に重要と思われる提言を提供。
プロジェクト期間 5〜6週間
プロジェクト費用
  • 3人の化学工学を専門とするアナリスト
  • $25,000 - $30,000