Case Studies
クライアント 政府のエネルギー部門と連携したグローバルコンサルティング会社
クライアントの要望 特許分析の視点からの先進的地熱エネルギー関連技術の動向把握。 具体的な要望事項は、地熱エネルギー分野における特許出願動向の把握、業界のバリューチェーンに対する地熱エネルギー関連特許ランドスケープを描き出し、更に、技術上のギャップの特定。
SPAの採用したアプローチと結果
  • 2名のアナリストが本件を担当、まず、地熱エネルギーに関連する約6,000件の特許から構成されるデータベースを構築。
  • 収集されたデータに対する分析、分類を実施。更に、探査、掘削、仕上げ、油層シミュレーション、発電所から構成されるバリューチェーンにそれらデータを紐づけ。
  • 地熱エネルギー分野における最先端技術、イノベーション活動の段階やペース、更なる開発に向けた機会、等に関する洞察を得るため、整理統合されたデータセットに対する分析活動を実施。
  • 更に、事業的価値や技術的価値の評価を目的としたポートフォリオ分析、出願者間の比較、特許価値評価要素(独創性、普遍性、技術サイクルタイム)を利用したイノベーションペースの把握、等を実施。
  • 地熱エネルギーバリューチェーンにわたる均等化発電原価(LCOE)に関するコスト計算も実施。
プロジェクト期間 >30週間
プロジェクト費用
  • 化学を専門とする2名のアナリストが担当
  • $ 75,000